インポートはできるけど、エクスポート機能のないエキブロ。うが。


by aisasaki_dash

清涼、清新

地下鉄某駅A5出口から会社の入っているビルまでの
わずか数分だけで、今日の暑さにげんなりしてしまったので
そこから陽が落ちるまで、自らに外出禁止令を課す。ビバ内勤。

しかし、帰ってきてからも部屋の中は暑いまま。

エアコンをつけて涼しくなったと思い
押入れを開けたら、そこにもむっとする空気が潜んでましたわ。


最近、ある方のブログで知った↓のサイト。
(TBしようとしたら、そのエントリ自体が消えていた…)
たまには鯱に涼む夜。

ORCA LIVE
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-07-27 23:29 | life

プレゼント希望。

a0029526_2212625.jpg
Girls plus>ビューティー>ビューティーニュース>
人気スパのトリートメントを自宅でも。『コーダリー』のボディ用スクラブ


身近にかなり似た製品あるんだけど(苦笑)
これは非常に気になる一品。

しかも全国で3店舗限定発売。
税込み8400円て、なんですかそのお値段。
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-07-26 22:02 | beauty
ツーカー3社を吸収合併 KDDI、売却は見送り  Excite エキサイト:経済ニュース

KDDIは25日、100%子会社の携帯電話会社、ツーカーグループ3社を10月1日付で
吸収合併すると発表した。「ツーカー」ブランドのサービスは継続していくが、将来的には
本体で運営する「au」ブランドへの統合を検討する。
 KDDIはこれまでau事業に集中する方針を示し、ツーカー事業については携帯参入を
狙うソフトバンクなどへの売却の可能性を探っていた。
 だが新規参入が現実味を帯びる中で「他社に顧客が流れるのを防ぎたい」(小野寺正
社長)と、グループで顧客を囲い込む作戦に転換した。技術、ノウハウの流出防止の狙
いもあるとみられる。
 小野寺社長は会見し、auとツーカーの販売店網や設備を相互活用するほか組織統合
で効率化できると説明した。サービス面では、auとツーカーの間での家族割引や、現在、
東名阪地域でしか販売していないツーカーの高齢者向け携帯の全国展開などを検討する。


以前も書いたとおり、三流TU-KAユーザの自分としては
待ちに待ったニュース。
ポータビリティ制度が開始されたら、速攻でauに変えるつもりでいたし
気がついたら肝心の制度は、開始時期がまた延期されてるし。

先日、社内にもTU-KAユーザを発見したので
その人にもついつい言ってしまった。

でも、吸収される前に一度は機種変しないと。
今の携帯もうまともに使えません。
一日にメール5通も送れないで「電池交換充電」のメッセージが炸裂しますわ。
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-07-26 21:45 | life

天変地異

地震の次は台風ですか。
夜中じゅうに通り過ぎてくれれば
明日の通勤時に影響が出ないので嬉しいのですが。


生まれ故郷の釧路は近くにプレートとプレートの境界があるせいで、
(参考→地震が発生するしくみ -静岡県地震防災センター
昔からかなり地震の多いところ。

実家に住んでいた頃など
93年釧路沖地震、94年北海道東方沖地震と
2年連続して震度5を経験していたり、
震度3レベルの地震はそれこそしょっちゅう。
地震が起きても「あーちょっと大きいね、震度3くらい?」と
呑気に会話を交わしたりしてました。

さて、関東リーグ観戦中の大地震。

体育館があまり古くて壊れるんじゃないかって
心配はさすがにしたのだけれども
3列前に座っていたおじょーさん(?)が
地震直後に、きゃあと椅子から降りてしゃがみこんでいたのを見て
あーそれは出来ない、無理と思いながら
通路後ろのボードが落ちないように
上の照明が落ちてきたら、椅子の下に逃げるしかないなと
考えておりましたが、特に何事もなくて良かったなと。

…まぁ、京葉線不通にはやられたけれど
寒川で同じような目に遭ったとしても
きっと相模線は止まっただろうなーーー。

で、地震慣れしている釧路市民の友人達の方が
意外とすぐに、こちらの身を案じてメールをくれたりする。
今回もそうだった。

同じようなメールやら電話やらが集中していることによって
返信するのに時間がかかったものの
出先で電車が止まったままだが、知り合いの車で帰れたという旨の
メールを帰宅してから、みんなに返していた。


が。
その文面に母親が反応した。

いや、正確に言うと、母親と一緒に飲んでいた叔母が反応した。
再び母親からやってきたメールにはこう書いてあった。

『叔母ちゃんが、車に乗せてもらったのが誰か、
母親なら知らなくていいのかと言われたのですが。ハハハ』



……。


余計な知恵を、母親に植えつけてくれるな叔母よ。
姉の子供の心配をしている暇があるのなら
自分の子供の心配をしてくれよ。
というか、そういう干渉ばかりしているから(以下省略)。
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-07-26 21:19 | life

幸せ浸り

完勝。だったと思います。

割と長くPREDATORを観ておりますが、久しぶりではないですかあんなゲーム。

過去の記憶と照らし合わせると
第5回関東リーグ第4節でのFIRE FOX戦(会田くんゴール→退場のおまけつき)
同じく第5節でのFUTURO戦(後に物議をかもしたイワケンのプレーと、
この時にあと1、2点ちゃんと取っていれば地域CLに出られたかもと…)
それ以来かと。

昨シーズン(第6回)は、劇的勝利っつーのはありましたが
良い意味で記憶に残るゲームは少なかったので。

…ああ、悪い記憶ならばすぐにあげられますよ(毒)。


昨日はJEF千葉体育館に入って、座る位置を決めてから
急にあることが頭をよぎりました。

「ここで負けたことないんじゃない?」

試合で使うこと自体あまりない会場だからってのもあるけれど
昨シーズンの関東リーグ2試合(1勝1分)、
選手権千葉県予選、
そして台湾代表との練習試合。
(9-1、3-2で勝ってますからね~えげつなくパワープレーしてましたが(笑) >平塚さん)。

ファンとして、このゲンを担がないわけにはいきません。

浅野SV、平塚さん、さらには会場設営担当で声をかけてきたバタやんにも
このことを言います。
前にも書きましたが、日本は言霊の国ですからね。

はたして結果はその通り(*^^*)v

2005/07/23 第7回関東フットサルリーグ 第5節 JFE千葉体育館
PREDATOR FUTSAL CLUB 4-2 府中ATHLETIC FOOTBALL CLUB


もちろん勝ってくれたことが何より一番嬉しいんですが
前半から非常に良い内容のゲームをしていたので
この試合はきっちり勝ってくれるといいなぁと。

チームとして、良い内容に結果が伴うことによって
それをやれば勝つんだと、経験値となって自信につながるだろうから。


だから、もう本当に勝って欲しくて
その気持ちがついつい、後半に
声を出すという形となって現れてしまいました。
得点時なんて立ち上がっちゃってます。
後半、目の前がPREDATORベンチだったっていうのに。
a0029526_11474078.jpg


選手達は、もう気持ちを次に切り替えてくれているだろうけれど本サイトのトップページ、月曜まではあのままにさせてください。
一晩たっても幸せを噛み締めております。
京葉線不通でBS中継が観られなかった浦和も勝ったので、幸せさらに倍。


追記。
FUTSAL-TV.COMの速報に掲載されている写真で
最後の写真がいいですね。ぐわしっ!って感じで。
得点者間違ってるけど(苦笑)。

さらに追記。
FUTSAL RADIO WEB > 競技情報 >関東リーグ5レポート「監督対決」
一瞬オウンゴールかと見間違えたワタクシ…
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-07-24 10:34 | futsal
ブログの方はすっかり書く習慣がなくなりました。
暑いせいで長時間PCの前に座っていられません。

ならばエアコンを…とお思いでしょうが
部屋が狭いせいか、冷房設定28度にしていても
すぐに冷え切ってしまい、今度は寒くていられません。

あと半年で引越し資金を貯めるのは厳しいので
サプライズがない限りは
来年冬の賃貸更新はそのまま進める可能性は高いでしょうが
その次はちょっと考えねばなりません。


さて、あと2週間となりました。

年齢が一つ増えるだけで急に何かが変わるもんでもないし
周囲には30代、40代の素敵な諸先輩方が常に居たおかげが
これからが楽しいんじゃーん、と思ってはおります。

しかし。

年代が変わることによって大きな変化があるはずということに
最近気がついてしまいました。

それは、ネットでよく回答する機会の多いアンケートによって…

つまり。年代が変わるっていうことは
今まで「20代」の箇所を選択していたのが
誕生日を迎えることによって、その一つ下の箇所を選択せねばならないのです。

それに気づいてからというもの
自分より目上の人間に、その話をよくします。

そして決まって、笑いながら
「そうだよ、それが30代を迎えるってことなんだから」と返されます。


えええ、そういうものなんですか。諸先輩がた。
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-07-21 22:53 | life
言葉は大切ですよね。
人に言った言葉は自分に返ってきます。
だからできるだけきれいであったかい言葉を使いましょう。


作詞家の阿木燿子さんの言葉だそうです。
kankoさんのThink positiveで目にしました。


状況が状況だけに仕方がないにせよ
最近少しオーバーフローを起こしかけており
それに伴って、社内や社外に対しての対応が冷たくなることがあります。

気持ちが荒んでいるのだろう。

8月に帰省しようとしたら、
その時期に母親が地元に居ないことが分かり
地元の友人に会うタイミングがまた伸びてしまったのも
タイミングが悪いというかなんというか。

友人に会うためだけでもいいから行こうと思ったけれど、
なんかそこまでして来なくていいように言われている気がして
プチ鬱に拍車が…。


そして誕生日まであと1ヶ月となってしまいました。
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-07-05 08:00 | life

「広島の六本木ヒルズ」

会社にかかってくる売り込み営業電話シリーズ。第?弾。

その日の電話の相手は女性だった。

広島で、ある形態のお店を構えていると話す中で
自分のお店が入っている施設が
いかに素敵な場所であるかをこちらに伝えるため、
彼女はこう言った。

『広島でもかなり有名な施設でして
東京で言ったら六本木ヒルズみたいな所…』

…!!

広島の六本木ヒルズ。それは一体どこなんだ。

残念ながら、自分は、過去に一度しか広島を訪ねたことはなく
その時の思い出と言えば、
原爆ドームと厳島神社と、とにかくものすごーく暑かったことぐらいである。

自分が広島に縁遠いだけなのだろうかと
上司に『「広島の六本木ヒルズ」って?』と尋ねてみたが
「ひとつ思い当たるショッピングモールみたいな場所はあるけれど
でも六本木ヒルズではないよ」と返された。


首都圏以外の人には、六本木ヒルズはどう受け止められているのだろう。
そして…広島の六本木ヒルズと呼ばれる施設ってどこなのだろう。
謎は尽きぬまま。


ちなみに
「六本木ヒルズ? じゃあお客が大して入らないから駄目じゃん」と
思っていたり。
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-06-26 20:00 | work

予期せぬ断水

書きたいことはあれど、書くことに対する気持ちと時間が
それに追いつかぬまま、放置したままですみませぬ。
今週は本編の日記すら更新を忘れていたほど。


さて。金曜から今月2度目の風邪菌に蝕まれ、
金曜夜から土曜にかけて、またしても療養生活。

その甲斐あって、日曜朝にはかなり回復。

今回は扁桃腺をやられたので、
起きてすぐにウガイをしようとしたところ

…蛇口を捻っても、水が…出ない。

断水の知らせを見た覚えは無いけれど
待てども暮らせども出てこない。

我が家の水道料金は、1ヶ月おきに家賃と一緒に払うことになっているため
払い忘れているとすれば、
それは大家もしくは不動産屋の問題であって。

溜まりに溜まった洗濯物が、洗えないではないかっ!

普段当たり前のように感じているものが無いと
こんなに不便するものなのね。

水道局に電話をして確認してみようと思ったけれど
この分だとマンションの住人全員が使えてないはずだから
既に誰かが動いてくれるだろう♪と他人任せ。

案の定、数時間後には何事もなかったように復旧。
少し前に車が急停車する音も聞こえたので
まぁ…なにかしらあったのではないかと。


ところで。
復旧して洗濯機を回し始めてから
シャワーでも…と思って鏡を見たら、頬がこけている。
慌てて体重計に乗ったら、2kgも落ちておりました。

食事も満足に取ることが出来ず
一日3食のうち、1食しかまともに食べず、
残り2食をウイダーINやら野菜ジュースやらで済ませていたら
そら痩せます。

自分にしてみれば増やす方が大変なのに。
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-06-26 19:45 | life

ライチを食べながら

昨日の会社帰り、いつものように近所のスーパーへ
夕飯のおかず探しに立ち寄ったら
入り口付近の青果コーナーでライチ発見。

8個ほど入った一番小さな袋詰めが170円くらい。
思わず買ってしまった。

普段あまり青果コーナーで見かけることもないので
食べる機会は少ないけれども
果物の中ではライチが一番好きだ。

お菓子にしてもドリンク類にしても
ライチ味と聞くと試さずにはいられない。
それにライチ味のものは、あまり外れがないようにも思える。
最近のヒットは、キリン氷結と、ハイチュウ。

夕食後のデザートとして、
皮を剥きながら食べていて、思い出した。
初めてライチを、こうやって実の形で食べたのは
浦和の山口屋だった。


レッズの試合を観るために、北海道から上京していた時も
就職でこちらに移り住んでからの最初の1,2年かも
なんだかんだとよく利用することが多かった山口屋。

後援会の案内冊子についてきたクーポンで
食事代が5%ほどoffになるから、というのもあったが
2階レストランは、テーブルとテーブルとの間がほどよい距離を保ち
どこかほのぼのとさせる雰囲気があったように思う。

夕食時にサラダバーを頼み、そこで決まって大量に食べるのがライチだった。

当時よく山口屋で食事をしていた人もライチが好きだったのか
1度目で取ってきたライチでは物足りず
2回、3回と取りに行って、そこにあったライチを食べつくしてしまうこともあった。


人間関係が嫌になって、それでも浦和を観ることを辞める気はなくて
一人で浦和を観るようになってからは
山口屋を利用することもなくなった。

最後に足を運んだのは、いつだろう。

何年か前に望年会(忘年会にあらず)を手伝った際、
あらかじめ頼んでおいた小さいケーキを取りに行った時だろうか。

すぐ傍にある浦和伊勢丹の1階に入っていたサンドイッチのお店には
望年会の後にも行ったような気がする。


一週間ほど前にとある有名な浦和系ブログで
山口屋の営業停止を知った時には
驚いたと同時に、自分が浦和を観始めてからの、
数年間の思い出の場所が消えるような感覚だった。
[PR]
# by aisasaki_dash | 2005-06-10 23:07 | food