インポートはできるけど、エクスポート機能のないエキブロ。うが。


by aisasaki_dash

<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「広島の六本木ヒルズ」

会社にかかってくる売り込み営業電話シリーズ。第?弾。

その日の電話の相手は女性だった。

広島で、ある形態のお店を構えていると話す中で
自分のお店が入っている施設が
いかに素敵な場所であるかをこちらに伝えるため、
彼女はこう言った。

『広島でもかなり有名な施設でして
東京で言ったら六本木ヒルズみたいな所…』

…!!

広島の六本木ヒルズ。それは一体どこなんだ。

残念ながら、自分は、過去に一度しか広島を訪ねたことはなく
その時の思い出と言えば、
原爆ドームと厳島神社と、とにかくものすごーく暑かったことぐらいである。

自分が広島に縁遠いだけなのだろうかと
上司に『「広島の六本木ヒルズ」って?』と尋ねてみたが
「ひとつ思い当たるショッピングモールみたいな場所はあるけれど
でも六本木ヒルズではないよ」と返された。


首都圏以外の人には、六本木ヒルズはどう受け止められているのだろう。
そして…広島の六本木ヒルズと呼ばれる施設ってどこなのだろう。
謎は尽きぬまま。


ちなみに
「六本木ヒルズ? じゃあお客が大して入らないから駄目じゃん」と
思っていたり。
[PR]
by aisasaki_dash | 2005-06-26 20:00 | work

予期せぬ断水

書きたいことはあれど、書くことに対する気持ちと時間が
それに追いつかぬまま、放置したままですみませぬ。
今週は本編の日記すら更新を忘れていたほど。


さて。金曜から今月2度目の風邪菌に蝕まれ、
金曜夜から土曜にかけて、またしても療養生活。

その甲斐あって、日曜朝にはかなり回復。

今回は扁桃腺をやられたので、
起きてすぐにウガイをしようとしたところ

…蛇口を捻っても、水が…出ない。

断水の知らせを見た覚えは無いけれど
待てども暮らせども出てこない。

我が家の水道料金は、1ヶ月おきに家賃と一緒に払うことになっているため
払い忘れているとすれば、
それは大家もしくは不動産屋の問題であって。

溜まりに溜まった洗濯物が、洗えないではないかっ!

普段当たり前のように感じているものが無いと
こんなに不便するものなのね。

水道局に電話をして確認してみようと思ったけれど
この分だとマンションの住人全員が使えてないはずだから
既に誰かが動いてくれるだろう♪と他人任せ。

案の定、数時間後には何事もなかったように復旧。
少し前に車が急停車する音も聞こえたので
まぁ…なにかしらあったのではないかと。


ところで。
復旧して洗濯機を回し始めてから
シャワーでも…と思って鏡を見たら、頬がこけている。
慌てて体重計に乗ったら、2kgも落ちておりました。

食事も満足に取ることが出来ず
一日3食のうち、1食しかまともに食べず、
残り2食をウイダーINやら野菜ジュースやらで済ませていたら
そら痩せます。

自分にしてみれば増やす方が大変なのに。
[PR]
by aisasaki_dash | 2005-06-26 19:45 | life

ライチを食べながら

昨日の会社帰り、いつものように近所のスーパーへ
夕飯のおかず探しに立ち寄ったら
入り口付近の青果コーナーでライチ発見。

8個ほど入った一番小さな袋詰めが170円くらい。
思わず買ってしまった。

普段あまり青果コーナーで見かけることもないので
食べる機会は少ないけれども
果物の中ではライチが一番好きだ。

お菓子にしてもドリンク類にしても
ライチ味と聞くと試さずにはいられない。
それにライチ味のものは、あまり外れがないようにも思える。
最近のヒットは、キリン氷結と、ハイチュウ。

夕食後のデザートとして、
皮を剥きながら食べていて、思い出した。
初めてライチを、こうやって実の形で食べたのは
浦和の山口屋だった。


レッズの試合を観るために、北海道から上京していた時も
就職でこちらに移り住んでからの最初の1,2年かも
なんだかんだとよく利用することが多かった山口屋。

後援会の案内冊子についてきたクーポンで
食事代が5%ほどoffになるから、というのもあったが
2階レストランは、テーブルとテーブルとの間がほどよい距離を保ち
どこかほのぼのとさせる雰囲気があったように思う。

夕食時にサラダバーを頼み、そこで決まって大量に食べるのがライチだった。

当時よく山口屋で食事をしていた人もライチが好きだったのか
1度目で取ってきたライチでは物足りず
2回、3回と取りに行って、そこにあったライチを食べつくしてしまうこともあった。


人間関係が嫌になって、それでも浦和を観ることを辞める気はなくて
一人で浦和を観るようになってからは
山口屋を利用することもなくなった。

最後に足を運んだのは、いつだろう。

何年か前に望年会(忘年会にあらず)を手伝った際、
あらかじめ頼んでおいた小さいケーキを取りに行った時だろうか。

すぐ傍にある浦和伊勢丹の1階に入っていたサンドイッチのお店には
望年会の後にも行ったような気がする。


一週間ほど前にとある有名な浦和系ブログで
山口屋の営業停止を知った時には
驚いたと同時に、自分が浦和を観始めてからの、
数年間の思い出の場所が消えるような感覚だった。
[PR]
by aisasaki_dash | 2005-06-10 23:07 | food

事務員は見た!

日清 焼きそばU.F.O. ソースカレー ×5
ペプシ Twist 500ml ×3
1mlのパック入りジュース ×1
200mlパックの豆乳 ×2
イトー○ーカ堂PBブランドのごま ×3~4
同じくPBブランドのすりゴマ ×3~4


いくらなんでもこの偏りすぎの買い物はいかに。

帰りがけ、近所のスーパーのレジにて
先に会計を済ませていた女性(推定30代)のカゴの中を見て思った。
そして考えた。

家族と同居であれば、ペットボトルは1.5mlを買うに違いない。
したがって一人暮らし、もしくは家族とは食生活が別だと仮定する。

エセ健康番組の影響を受けて
豆乳やゴマを愛用する人は増えている、と思う。

しかし、体のことを考えるのならば
先に目を向けなければいけない現実はあるだろう。

日清 焼きそばU.F.O. ソースカレー ×5
ペプシ Twist 500ml ×3


そう、この辺に。


いや、大きなお世話だとは百も承知だけどさ
食生活間違ってるよ。明らかに。


-----
土曜の関東フットサルリーグ開幕に向けて
長文のエントリをちまちま書いていたところへ
PREDATORの開幕が正式に7月決定となり、意気消沈。


で、どーでもいいような話題を。
[PR]
by aisasaki_dash | 2005-06-07 23:16 | life

可愛いの基準

会社帰りの京浜東北線でとんでもないものを目にした。
女子高生と思しき制服姿の女生徒のサブバッグに
大きなカブトムシ。

おそらくこれ↓
甲虫王者ムシキング ぬいぐるみ カブトムシ 1,050円

右耳についていたピアスについていたどくろも驚きではあったけれど
どこをどうやったら、そのカブトムシが可愛く見えるのか甚だ疑問。

こっそりカメラに収めようと思ったら
シャッターチャンスに限ってデジカメを家に忘れてきていた。
携帯のカメラじゃシャッター音が消せないし。


上京してきてはや8年。
かなり慣れ親しんできたとは思っていたが
それでもこうして理解の範疇を超える出来事に遭遇すると
都会の感覚って恐いと思う。

それは都会うんぬんとは違うだろう、とお思いの方。
自分の田舎に限った話でもないと思うが
売れないもの、限られたターゲットにしか売れないもの、は入荷されないかと。


ところで。
カブトムシの可愛さは理解できないが
ぴちょんくんの可愛さならば、幾らでも語りつくせるわけで。
昨日からこんな企画ページが出来ていた。か、かわいすぎ…

Yahoo! JAPAN PR企画 - ぴちょんくん遊園地

けれども今時、「工事中」の表示があるとはイケてなさすぎ。


ちなみに冒頭のリンク先を調べるまで
カブトムシとクワガタの区別がついていなかったことは
ここだけの内緒話である。
[PR]
by aisasaki_dash | 2005-06-07 07:09 | life

風邪を引く

土曜のナビスコ杯帰りに大雨に濡れたことが祟って、夜に発熱。
一日中、寝込んでいた日曜日。

予定が何も無い=PCの環境設定をしようと思っていたというのに…
画像編集ソフトをまだ入れていないので
デジカメに収めている写真がアップできないまま。

体調を崩すのは大抵、週末などのお休みで
我ながらよく出来た(?)身体っつーか
平日に無理していない分、休日に無茶しすぎなんじゃないかという話も。

熱と風邪薬とで朦朧となった頭でいつも考えるのは
このまま月曜まで熱が下がらなかったらどうしようと。
しかも、こんな時に限って月曜は何が何でも出社しないと不味い場合が多い。
記憶にある前回の風邪は、派遣先初日であった(苦笑)。

なので熱が下がらなくても出社する決意だけはあったが
会社の人にうつしたらいけないからと、
熱さまシートを買いに出たついでにマスクを買おうかどうか暫し悩む。

ただ、そこまであからさまに病人ぶると、
無理やり会社来たことが嫌味に取られかねないと思い直して(自意識過剰気味)
さすがに買わなかった。

伊藤園の「緑の野菜」ジュースでビタミンを補い、
頭にはFranFranで買ったアイスノン、おでこには熱さまシート。
眠くなくてもとにかく無理やり寝てみる。

そんなこんなで一日中格闘。

すると我ながら出来た身体は、
それまでうんともすんとも下がらなかった高熱(=今回は38.3度)が
夕方から夜にかけて嘘のように平熱に下がるのだ。
もう、お約束のように決まって。


後には、総合感冒薬が効きすぎたゆえの、微妙な頭痛が残る。
[PR]
by aisasaki_dash | 2005-06-06 04:56 | life