インポートはできるけど、エクスポート機能のないエキブロ。うが。


by aisasaki_dash

カテゴリ:life( 74 )

思い出は続く

二週間ほど過ぎてしまいましたが、祖父の葬儀のことの話を引き続き。

人が亡くなると、良い思い出だけが残るといいます。

しかし、そもそも
通夜や葬儀の席で喪主である母親が語っていたような悪いイメージは
自分は持っていなくて、良いイメージしかないのですよね。

通夜の時が丁度、祖父の誕生日で、生きていれば88歳。
自分が物心ついた時には既に定年を迎えており
第2の人生として自宅で習字教室をはじめていました。

自分も兄も従兄弟達も、当然のようにそこで習字を習いました。
そしてどんなに下手くそに書いても「駄目」だなんて言わなかった祖父。
葬儀に集まってきた従兄弟達とも一致した思い出ですが、
必ず誉める。
よほどのコトがない限り、孫を怒ることはないのです。

…朱色で手本を書く時に、がっちり直されたりはするんですけどね(苦笑)。

それから、教室が終わると、お菓子をもらうのですが
ここでもらった「みそパン」を幼少時の自分はいたく気に入りまして。
自分の家でもよくみそパンをねだって母親に嫌がられました。

変わりだまが入っていた漆塗りの器とか
リフォームする前に1階にあった「みざる・いわざる・きかざる」の置物とか
正月に、長女一家(うち)と次女一家が集まっての百人一首大会とか
断片的だけど色々な思い出を、葬儀の間中思い出しました。


最後の1,2年は痴呆が進行しており、
今年に入ってからは入院もしていたので
初めて死に顔を見た時は、安らかな寝顔よりも
随分小さくなってしまった身体に少なからずショックを受けたものです。

それでも
あの年齢にしては随分元気で居つづけていた祖父だったな~、と
改めて思ったのは、火葬場でした。
骨がしっかり残っているんですよね。
特に足の骨なんか、それこそ標本でみるような形そのまま。
喉仏もそのままで、あれは詩吟を吟じていたからだよね、と言ってました。


東京に戻る直前、祖父の写真を一枚拝借してきました。
十年以上前の、元気な頃の、オシャレな祖父の写真。
スケジュール帳に挟めています。


天国で、祖母にはもう会えたのでしょうか。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-07-10 22:25 | life

羽田空港にて

葬儀の手伝いをしてくれる方々への土産と、
喪主であるために迎えに来れない母親の代わりに
強引に迎えに来させることになった友人へのプレゼントを買うため
出発2時間半前には空港に着いていたのですが・・・

やっぱり時間が余ってしまいました。
なのでYahoo!カフェにて飛まつぶし中。


自分の中の祖父は、いつも優しかったです。
母親(つまり祖父の娘)にはかなり厳しかったみたいですが
怒られた記憶とかが全然ないのですよね。
ここ1,2年は痴呆症が進行していたこともあって
さすがに年なのだな~と感じたものですが
大正生まれの割にはいつもしっかりしていました。

さて、ではいってきます。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-06-27 16:15 | life

実際に告げられて。

いつまで経っても連絡が来なかったので気にはなったのですが
PREDATOR戦前は「out of 眼中」発言を初め、色んな要素が重なって
私にしては珍しく「戦いモード」になっていたので
試合後に少し落ち着いてから電話をして(16時過ぎ)、
そこでお昼過ぎに他界したのを知ったのでした。

昨日に比べると覚悟が出来ていたのでしょうか、
今は落ち着いています。

飛行機も取りました。
明日の夕方から火曜夜までの短い2泊3日。
水曜が締め日なのでさすがに会社に行かない訳にもいかず。
(1日朝までに出さないと、普通に給与振込みが遅くなるらしい)

他界した旨を告げられた時に合わせて
喪に服すべきかどうかの確認もしたのですが
まぁよいのではないかということになり
1週間に2度の北海道確定です。

しかし…ちょっとの割引はあるとは言え、56,700円。
飛行機貧乏ですよ。まったく。
まぁ、今日は「台湾貯金」も大した額にならないのが救いでしょうか(泣笑)。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-06-26 21:10 | life

まだ、少しだけパニック

不謹慎なことを承知で書かせてもらえば、
何もこんな時に危篤にならなくても、と思った。
なんだよ、もっと生きていてくれよ。
そうしたら頑張って夏には帰るから。


母親からの電話が来るまで、
明日寒川で行われる関東リーグと、
1週間後に控える友人の結婚式@札幌とは
ここ最近の楽しみな予定で、
さっきスーパーから帰ってきた鶏肉と、買い置きの卵とで
親子丼をつくろうとレシピを探していた。


それでも
取り急ぎ航空二社の空席状況と割引運賃がいつまで効くのか確認する。
念のため、来週の特典航空券を振り返られるのかどうかも確認してみたが
4日前、しかも同一区間でないと駄目らしい。

きっと私は彼女に祝福も言えず
15,000マイルも無駄にしてしまう。

そんなことを考えながら、なにもこんな時にと冒頭の言葉のように思った。

けれども。

次の瞬間、
祖父がこの世から居なくなるかもしれないという現実に
涙が止まらなくなった。


なんで、こんなことになるんだろうか。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-06-25 21:12 | life