インポートはできるけど、エクスポート機能のないエキブロ。うが。


by aisasaki_dash

カテゴリ:soccer( 21 )

天皇杯のこの時季は、来季契約更新非更新が出る時季でもあり。
移籍リストあるいはトライアウト出場一覧を見て
分かっちゃいるけど切なくなります。
#去年の比(土橋正樹引退)ではないですけど。

そんな中、ちょっと嬉しくなったのがこのニュース。

仙台が大宮MF木谷を完全移籍で獲得 - nikkansports.com サッカーニュース2004.12.21
仙台 都並敏史監督 トライアウト終了後コメント [12.16] -JPFA Jリーグ選手協会
2004第1回Jリーグ合同トライアウト参加選手 [12.16]-JPFA Jリーグ選手協会

木谷くんと言えば、自分が国士舘大学を観ていた頃
最初はJFLに出ていて、それで経験を得た選手。

そうでなくても今年は、あの頃の子達がこぞって契約満了になっていたので
(あっちゃんも、かっちゃんも、とみも、照井くんも…他にも居たような)
他に彼を必要とするチームがあって、望まれて仙台に行くのなら
これほど嬉しいことはないです。

現役選手が犯した罪は弁護の余地もないことだし
日本社会の中で、国士舘大学が活動を続けるなんてことはどだい無理な話なので
それはそれとして。

正式に脱退が決まったJFLでの7年間って
国士舘大学にとっては決して無益ではなかったと思うんだけど。

あああ、来年からどうなるんだろう、国士。

当時よく一緒に国士や東京を観ていたGさんが、
先週の千葉ポートアリーナに居たこともあって、余計に気になります。

------
やんなきゃいけないことは他にもあるんだがな。ブログを更新している場合ではない。
気がついたら年末です。クリスマスというイベントも頭から抜けてます。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-12-22 07:36 | soccer

思ってるけど、言わない

昨晩からトーキョー系サイトを渡り歩いて観ておりました。
ええ、ワタクシ性格悪いです。自信あります。今日ヒトに言われたばかりです。

リーグ終盤の頃からCSにかけて
トーキョーの方々の、浦和に対するあからさまな憎しみに
正直辟易してしまいまして。

ブックマークには結構な数のトーキョー系サイト、ブログを入れておりました。
トーキョーの試合に足繁く通っていた時期も過去にあるし
他のサポーターが言うほど、そんなに目の敵にはしてなかったんです。

でも2,3つを残して全て削除。

嫌なものなんて見なきゃいーのよね。
観なくたって生活に支障はないしと。

それで結構すっきりしていた筈なのに
昨日今日といろいろ渡り歩いてたら
ブックマーク消した時と同じような気持ちになって、ちょっとげんなり。
(自分で観てげんなりしているのだから、これは自業自得)

山岸がボールボーイに指示を出すのなんて最終節でもあったことで
昨日だって、その続きを見ていないで、勝手な読唇術で盛り上がってたり

中立の天皇杯とは言え、「浦和はホーム扱い」なので
アウェイ扱いされてしまうのは仕方なかろうと。
(ナビスコ杯決勝はトーキョーがホーム扱いで、
結果、PK戦は彼らの目の前だった訳だし)

…なんだかねぇ。

昨年夏に初めてトーキョーに勝った時に本編に書いたことと
同じ事を思わずにはいられません。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-12-20 23:07 | soccer

年末年始の観戦事情

今日から天皇杯5回戦~決勝のチケットが発売
決勝戦は既にSS席が完売してますが(驚)。

今年も年末年始は帰省しませんので
(先も決まってないので帰れません)
決勝戦のチケットはまず買っておこうかと。女子の一番も決めるしね。

準々決勝は勝ち上がってからだろうと。
準決勝は関東リーグとぶつかってるので、どっちにしろ行けずじまい。

それから全国高校選手権。いわゆる高校サッカー。
実は観に行ったことがありません。高校生は。
せっかくなんでPREDATORにゆかりの(^^)西武台高校でも…と思ったら、
今年は埼スタしか使わないのかー。
去年までは駒場使ってなかったか~?
家から埼スタへ行くと、どこにも立ち寄らずに帰ることになるので
ちと詰まらんのです。
(駒場だと浦和で買い物が出来る)

フットサルだと今年もスーパーカップがあるようですが
御殿下じゃなくなっちゃうのね。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-11-23 12:06 | soccer

一夜明けて

昨晩はスポルトまで見ましたが、がんばって早起き。
(スーパーサッカー、スポルトあたりになるとはしご出演に慣れてきたのか
酔いがまわってきたのか、壊れ始めてましたね)
8分歩いてキオスクまで埼玉新聞+スポーツ新聞を大人買いしてきました。
6紙で740円なり。

埼玉新聞が見当たらないな~と思っていたら。
スポーツ新聞のごとき一面カラーでした。

スポーツ新聞各紙の一面下広告欄は三菱自動車。
a0029526_9592849.jpg

「浦和レッズ
サポーターのみなさま、
おはようございます。
夢じゃありませんでしたネ!!!」


でも埼玉新聞だけは
a0029526_84024.jpg
「この日が来るのを、この日が来るのを、この日が来るのを、
この日が来るのを、この日が来るのを、この日が来るのを、
この日が来るのを、この日が来るのを、この日が来るのを、
この日が来るのを、この日が来るのを、待っていた!!!」


この日が来るのを、の下には、その年の順位が書いてあるんです。
そして河野さん@運動部記者の記事…朝から泣けました。

他のスポーツ新聞で言うと…さすが日刊スポーツかな。
昨日、サブグラウンドにあった紙吹雪用の新聞紙。
あれも日刊さんから手配したものが数多くありましたよね?
作成している最中に11月15日付のものを発見。
中を開くと、藤井健太に祝福されている高橋健介(しかし顔が見えず)があったので
そこだけ破って持ち帰ってきました(笑)。


昨日、号外は残念ながらひとつも入手できず。
再配布を待っている人達が浦和駅西口前にたくさん居たので
まぁいいか~とそそくさ帰ってきました。
去年みたく郵送サービスしてくれないかな~日刊さん。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-11-21 08:41 | soccer
a0029526_21151065.jpg
時間が経つに連れて、幸せが出てきた今日の試合後。
まったくねぇ…名古屋が2人も退場者を出しておきながら
試合内容はナビスコ杯決勝に匹敵するくらい、最悪でしたよ。
それでもガンバが負けてくれたおかげで転がり込んだ優勝。
「そのずっこけがレッズらしいじゃん」とは
他チームサポーターの友人からの祝福メール。


12年、長かったなぁ。

浦和レッズに関わらなければ
北海道を出るなんて考えることもなかった。

1993年:
高校3年でバイトもしていなかったのでTV観戦のみ。
当時はBSも家になく、BSを持っているクラスメイトに録画をお願いする日々。
録画してもらった浦和-鹿島@駒場スタジアムの試合が
初めて観た浦和の勝利試合。「好きにならずにいられない」が響いていた。

1994年:
7月。江別での合宿と厚別でのプレシーズンマッチを観戦。
この時に北海道在住の浦和サポーター達と知り合う。
マッチデープログラムの存在を知って、即座に定期購読+バックナンバー買占め。
サポーターの集まりのためだけに札幌行ったのもこの時?(後でMDP見直そう)
コンビニバイトで貯めたお金でBS機器を購入。

1995年:
3月。開幕フリエ戦@三ツ沢とジェフ市原戦@大宮を観るために上京。
ここからバイトをしては、観戦上京の日々が始まる。MDPへの投稿常連にも。
土橋正樹のデビュー戦+ジェフ戦MOMで、正樹ファンになる。以降、引退まで続く。
5月。ヴェルディ戦とジェフ戦の国立2連戦。
8月。地元釧路でフリエとのサテライト戦が開催。
9月。改修後の駒場スタジアムでのジュビロ戦。
12月。天皇杯1回戦。望年会にも参加したか。

1996年:
3月。ホーム開幕柏戦@駒場。→福永泰2ゴールだよ!
6月。ナビスコ杯ジュビロ戦@駒場。→応援ボイコットの時?
9月。青森でのサテライト・ヴェルディ戦。→電車を延々と乗り継いで。
同じく9月。厚別のホーム開催・アビスパ戦。→オジェック出場停止の試合ですな。
11月。鹿島戦@国立→セレッソ戦@長居→フリエ戦@駒場の3連戦。
 →長居でコールリーダーのおふざけにはげしくぶち切れる。
  以降、リーダーがどうとか言うのは関係ねぇ、自分で考えて自分で行動するべきと思うようになる。

1997年:
3月。ホーム開幕(か?)鹿島戦@駒場。
4月。マリノス戦@駒場。セレッソ戦@駒場。
5月。またしても青森でのサテライト・ヴェルディ戦。雷雨中止のフリエ戦@駒場。
    ジュビロ戦@磐田スタジアム。柏戦@駒場。
8月。マリノス戦@三ツ沢。
9月。柏戦@柏サッカー場→ガンバ戦@国立→10月:ヴェルディ戦@国立→ベルマーレ戦@駒場。

今、チケットの半券見ながら「なんでこんなに試合見てるんだ」と思ったら
そうだ、この年はリクルート活動にかこつけて試合見てました。

10月のヴェルディ戦は内定式当日で行けないと諦めていたんだが
内定式が早く終わったのをいいことに、当日券買って後半から観戦してました。

そんなことのあった会社は内定後に問題(山一證券系列のシステム会社だったので)発覚。
最終的に他の大株主に救済措置で引き取ってもらうことになる。

1998年:
埼玉に居を構えて東京に就職。
仲間内で余っていたシーズンチケットのおこぼれに預かって
ホームはほぼ全て+アウェイも鹿島スタジアムやら万博やら色々行った。

が、この年からJFL参加した国士舘大学にハマり
アウェイに関しては浦和よりも行っているはず。なぜってJFL30試合中、生観戦27試合。

1999年:
さらに東京ガスまで観るようになり
(その後、付き合うことになった人が東京ファンだったせいもあるのだが)、
鹿島でのナビスコ杯、新潟での東京昇格を何故か観ている。

そんなことばかりやっていたツケなのか、浦和がJ2降格。
浮気ばかりしていたからだ、と後悔。

2000年:
たぶんこの辺でシーズンチケットホルダーになったはず。
フットサルをやるのが面白くなり始め、アウェイには行かなくなる。
正樹のVゴールにただただ涙。

2001年~今に至る。

観る方のフットサルにハマって、最近は関東近郊でもアウェイは行かなくなったけど
それでも浦和は自分にとって大事なチームであることを
J2降格→昇格の時期に改めて認識したので
ホームは欠かさないようにしています。


月並みだけど、
この優勝が浦和にとっての新しい歴史を作り出してくれるように。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-11-20 21:13 | soccer
いつもは厳しくも暖かい河野記者の記事に感動することも多いのですが
今回に限っては「勝負に勝って…」とくだり、ちょっと同意できないなぁ…と。

コールに合わせるよりも、怒号に近い野次だとか泣きごとの方が
最後は多くなってしまいました。

表彰式なんて見たら、
立ち直れなくなるほどのショックを受けかねなかったのと
(そんなものを引きずったまま、千葉県予選準決勝なんて観に行けません!
監督に「負け運は要らない」とか言われちゃいそう…)
悔しさよりも疲労と眠気が先にきてしまったので
早々に国立から退散して、9時過ぎに就寝。

おかげで睡眠不足は解消されましたが、
朝からマシンが不調になってしまい、悔しさを引きずるどころじゃありません。
もうちょっとこのVAIOには頑張ってもらわねば。

----
さて、以前書いた事前抽選並びの続きのお話。
言うなれば、キックオフまでのお話です。

当日朝は何とか4時に起床。
が、ここであやうく二度寝しそうになって、無理やり飛び起きると
朝ご飯を食べ、シャワーを浴びました。

家を出たのはたしか5時前。
最寄駅から京浜東北線に乗り込むとちらほらと赤い人たちが。
割合で言うと、浦和:一般客=9:1くらいかしら。

赤羽駅で埼京線に乗換え。
やって来た電車を見ると、6:4になってました。

この時間の埼京線は池袋行きまで。
山手線に乗り換える段階で、5:5程度?。
しかも…5時台の電車とは思えない混みっぷり。

新宿に到着してから反対ホームの総武線に乗換えです。
ここでようやく、赤色以外のマフラーをしている人を発見しました。
しかし、浦和:一般客:東京=8:1.5:0.5くらい。

千駄ヶ谷駅に到着した時には6時を廻っていたかと。
改札に向かうに連れて、なんだか騒々しい声が聞こえてきます。

声の正体…それはチケット難民が最後の望みを賭けて
改札口前で段ボール片手に「チケット譲ってください!」と声を張り上げ必死の形相。

ああ、そうだよな、皆観たいんだよなー。
5万5千人程度の国立じゃ、とても収容しきれる訳ないじゃんか。

a0029526_20475266.jpgFC東京側の長い行列(含むテント)と
事前抽選に参加しなかった浦和ビト達の列を横目に代々木公園に到着。
1~60までのブロックで点呼を待ちます。

6:30になって点呼開始。
最初から何事もなく進んでいましたが…18番が居りません。
担当の「居ないんなら…飛ばします」の声に
自分の番号が呼ばれるのを待っている人達から「あぁ~あ」と何とも言えぬ溜息が。
ちなみにその後、自分が引き当てた23番まで、居なかったという話も…(あんまり覚えていない)。

ここから、先発引き込みの9:00までは自由行動。
一眠りしてみましたが、陽が昇るまでは寒くて、ほとんど眠れず。

「先発引きこみ」というのを今回始めて知ったわけですが
各グループ何十人もいるのを一度に入場させようとするのではなく
各グループ2名ずつ先に入場させるらしい。
それから後発隊が入って、その後で事前抽選に参加しなかった人たちの列。

だから…事前抽選に参加しない人は
代々木門よりも時差開門される青山門に並んでいた方が確実だったんじゃないかと。
事前抽選を知らない人達って居たのかな?初めて浦和の試合を観る人とか?

その先発引き込みの列が入る際、いつものモギリポイントではなく、
本当の門で警備員がチケットもぎってました。
更には、入場前の待機列での手荷物チェック。
この辺、去年は違っていたようで…事前にこうやって出来る分、
Jリーグ側も事前抽選しておいてくれた方が助かってるんじゃないかと思いました。

自由席なのに並び順を抽選で決めることに対する不満も
勿論あるはずだろうけれど(特に抽選で良い番号を引き当てられなかったグループは)、
東京の長い列を見た時に、そのパワーは試合中の応援に使った方がいいだろうと。

自分も昔、大宮とか厚別(!)とかで徹夜した経験がありますが
あれは結構、辛いものがあるので。

さて、10:00になりました。ようやく入場です。…と思ったらなぜだかここで拍手が。a0029526_20481253.jpg
「走らないでください」の声も聞かず、案の定、皆さんお目当てにゲートにダッシュかましてましたね(苦笑)。
1席だけなら焦らなくても良いだろう、と思ったとおり(でも早歩きしながら)
バックスタンド上段…ちょうどハーフウェー付近を確保。

席を確保しさえすれば、もう安心。
徐々に赤くなっていくアウェイゴール裏を観ながら
ここでやっとMDPを開いて読み始めました。
いつものように、一番初めに読むのは清尾さんの文章。
それからギド、河野さんと読んでいきます。

近藤篤さんの文章を読んで、グッと涙が出そうになりました。
いや、泣くのは優勝してからだ…とこらえて…その涙は出さないまま終わってしまったのですね…ああ。
--------

一昨年のような気負いとは違って、
今回はどっか「慢心」「おごり」があったような気がしてなりません。
代々木公園で待っている時も、試合開始前の周囲の空気も、
そして、選手がピッチでのアップを始めた時の応援も。
どこかいつもと違う雰囲気がしていて…同じような雰囲気で選手も戦ってましたな。

そりゃ優勝して欲しかったけどさ。
FC東京に勝たれんのは正直ムカつくけどさ(笑)。

でもあの内容で勝っちゃまずいだろー…とも思ってた。


これはもう負け惜しみにしかならないけれど、

ああ、負けてよかった、
土曜からのリーグ戦再開に向けて、サポーターも選手も謙虚になれる。

そう、MDPで日刊スポーツ番記者さんが
優勝をするために改めて何が必要なのかを問いていたように。

…文章に纏まりがないな。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-11-04 23:29 | soccer
※ishikenさんの所にTBしたら、今日はいつもの7倍も訪問者がありました…

さて、今年も出ます、決勝戦特別号のMDP。
ヤマザキナビスコカップ決勝、マッチデープログラム決勝特別号の販売について (浦和公式)

投稿しようと思っていて、今年もまた締切日を失念していました。
よくあれだけ毎試合毎試合、投稿していたな~と昔を懐かしんでみたり。

出社を遅らせてスポーツオーソリティ赤羽店で買おうと考えていたところへ
業務で使うモノを出社がてらに買ってきてもらいたい、という話が今日ありまして。
これはラッキー♪と思っていたのですが。

先ほど担当の社員さんから携帯に連絡がありまして、
買うものが確定しなかったので別の日にお願いします…と(泣)。

タイミング悪く、明日は夜に所用があるため、
赤羽店の営業時間内にはどうにもこうにも帰れそうにありません。

かくなる上は、
(1)昼休憩の1時間で無理やり赤羽に行く。 →微妙に1時間では往復できないっぽい。
(2)スポーツオーソリティ川口店なら22時まで営業だ。
   →近いっちゃー近いんですが、バスに乗るのが面倒。

こんなことなら、何人かのブログでお見かけした
「国立で受渡しします」というのに頼んでおけば…後の祭りなり。


-------
11月2日追記。

当初の予定とおり、朝、スポーツオーソリティ川口店で買うことにしました。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-11-01 22:13 | soccer

都築龍太。

一昨年に自由席で大変な思いをしたこともあって
(昨年はラッキーにも指定席を入手出来た)
ナビスコ杯決勝の入場順事前抽選に出かけることに。

※浦和の事情をご存知ない方(特に東京寄りな方)に言っておくと
 この事前抽選はあくまで浦和側の並び混乱と労力の無駄を防ぐために
 サポーター有志で実施されたものです。
 昨年実施された時の模様はこちらでどうぞ。

試合がない日の浦和美園駅は、実に静か。
のどかな空気を感じながら歩いていくと、
昨日までのごちゃごちゃした気持ちが少し晴れたような気がしてきた。
そんな気持ちになれただけ、ここ来た甲斐あったな~、と思いながら、
スタジアムに到着したのが14:30過ぎ。
抽選開始の16時まで、以前買った「ウェルカム・ホーム!」(鷺沢萠)を読了。
二つの短編のうち、最初の方が良いと思った。
ただ何回も読む気にはならないだろうな。

a0029526_2084112.jpg少しずつ列詰めがあった末、
抽選ボックスのあるテントの前で整列していると
マルチ防止の呼びかけが幾度となく繰り返される。

それを聞いて何とも思わないのかな~前の親子(--;)。
機嫌悪かったら、「マルチやめましょうね」と
喧嘩吹っかけかねない所でしたが
せめて携帯で後ろ姿でも激写しておこうかとは最後まで考えてました。

だいたい、そんなにしてまで早い番号を取りたいのなら
せめて抽選終わるまで話したりしなきゃいいのにねぇ。
この人達よりは良い番号になりたいわ~と。


そうして予定よりも10分ほど遅れて始まった抽選で
自分が引いた番号が、この記事のタイトルですよ(笑)。

最初にこの番号を観た時は「あれ?これって抽選ボックスごとなのかな」と
意味不明な事を思ってしまってですね、
隣を歩いていた男の子が持っていた事前抽選券を見てみたんです。
その子が持っていたのは4100番台。

こ、これはもしかして、物凄く良い番号なのでは…。

やっとクジ運の良さに気がつきました。
名簿記入のテントも一番前にある「1~60番」のところです。
自分以外のところは「10名」だの「20名」だの記載しているのに
名前を告げた後で、人数を聞かれたら「あ、1名です」…。
だって本当に1人ですから! でも座れないのは嫌なんですって!

これで、決勝戦当日の朝に寝坊さえしなければ
バックスタンドで座って観戦することは出来そうですよ。

いや、まぁ、ここまできたらゴール裏に行くのも有りなのですが
ゴール裏なんて、もう暫く行ってませんから。

どっちかって言うと、
コールするのもちょっと恥ずかしいな~という人の多いバックスタンドで
口火を切らせる役割の方がね。ずっと歌っていられないし(ノドを傷めるから)。


そう言えば、先日のマリノス戦でも
南側のゴール裏(丁度、コーナー付近で通路よりも前)で
いつものように北側のコールに合わせだしたら
すぐ目の前に座っていた小学校低学年らしき男の子2人が振り返って
ぎょっとした表情を見せながら、しばら~くコッチを観てました(汗)。
そ、そんなにギャップありすぎたかしら…この顔で低い声でやったのは。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-10-31 20:21 | soccer
ジェフユナイテッド市原公式 最新情報-「デビルマンマッチデー」開催について

プロモーションブースにも来てたのですかね、冨永愛ちゃん。
選手入場時の花束贈呈でしか見られなかったのですが、やはり綺麗でした。

隣席のお嬢さんも「超かわいいー」と言ってましたが
更にその隣の彼氏と思しき男性は「そうか?」と返していたので
男性受けはしないようですね。あの手のタイプは。

デビルマンに興味は全くないけれど観に行っちゃおうかなと。レディースデーあたりに。

デビルマン公式サイト
Image Japanese models > 冨永愛


雄一郎のゴールには嬉しさのあまり、ちょっとだけ涙が出てしまいました。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-10-02 23:36 | soccer
スペースシャワーTVの「スーパーヒッツ50」をつけていたら
PVに澤穂希ちゃんが出てきたので何事かと思ってググってみたんだけども。

日本女子サッカーに強力応援歌…チャコールフィルター新曲


以下、一部引用。
 チャコールフィルターが歌う「one Days」は、ボーカルの大塚雄三が作詞。「誰でも喜怒哀楽のそれぞれの日々を送っている。それがそれぞれの“one Days”であり、それぞれの“one Days”に対してエールを送りたい。この曲がいろんな人の心の中の応援歌になってほしい」との思いを込めて作った楽曲だ。

 PV制作にあたってまず浮かんだのが、女子サッカーチーム。五輪でメダルが期待される種目だが、選手たちは生計を立てるために、事務職や販売職につき、仕事を終えた後に練習をする苦労人が多い。そんな彼女たちが曲のイメージに合致し、関係者を通じて強豪の日テレ・ベレーザに出演を依頼。異色のコラボレーションが実現した。

 出演者は澤、小林のほか、荒川恵理子(24)、酒井與恵(26)、小野寺志保(30)の“アテネ戦士”5人と大野忍(20)、東山真依子(18)を加えた計7人。女子サッカー選手がアーティストのPVに出演するのは初めて。五輪選手が本番直前にPVに出るのも、「聞いたことがない」と関係者。

 撮影は6月末に3日間かけて行われた。28日のサッカーシーンでは炎天下で汗まみれになりつつも、イキイキとした表情で演じた。ファックスを送ったり、事務の仕事をしている普段の姿も盛り込まれている。



ちなみにレコード会社内のオフィシャルサイトではPV観られます(期間限定)。
CHARCOAL FILTER - WARNER MUSIC JAPAN

これが発展して女子代表の応援歌になるとか。
(で、PVを代表全員で撮り直す、とかだなぁ…)


…とか言っていたら、今度はおかむりんのPVが。太ったよなぁ…
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-07-24 12:00 | soccer