インポートはできるけど、エクスポート機能のないエキブロ。うが。


by aisasaki_dash

天変地異

地震の次は台風ですか。
夜中じゅうに通り過ぎてくれれば
明日の通勤時に影響が出ないので嬉しいのですが。


生まれ故郷の釧路は近くにプレートとプレートの境界があるせいで、
(参考→地震が発生するしくみ -静岡県地震防災センター
昔からかなり地震の多いところ。

実家に住んでいた頃など
93年釧路沖地震、94年北海道東方沖地震と
2年連続して震度5を経験していたり、
震度3レベルの地震はそれこそしょっちゅう。
地震が起きても「あーちょっと大きいね、震度3くらい?」と
呑気に会話を交わしたりしてました。

さて、関東リーグ観戦中の大地震。

体育館があまり古くて壊れるんじゃないかって
心配はさすがにしたのだけれども
3列前に座っていたおじょーさん(?)が
地震直後に、きゃあと椅子から降りてしゃがみこんでいたのを見て
あーそれは出来ない、無理と思いながら
通路後ろのボードが落ちないように
上の照明が落ちてきたら、椅子の下に逃げるしかないなと
考えておりましたが、特に何事もなくて良かったなと。

…まぁ、京葉線不通にはやられたけれど
寒川で同じような目に遭ったとしても
きっと相模線は止まっただろうなーーー。

で、地震慣れしている釧路市民の友人達の方が
意外とすぐに、こちらの身を案じてメールをくれたりする。
今回もそうだった。

同じようなメールやら電話やらが集中していることによって
返信するのに時間がかかったものの
出先で電車が止まったままだが、知り合いの車で帰れたという旨の
メールを帰宅してから、みんなに返していた。


が。
その文面に母親が反応した。

いや、正確に言うと、母親と一緒に飲んでいた叔母が反応した。
再び母親からやってきたメールにはこう書いてあった。

『叔母ちゃんが、車に乗せてもらったのが誰か、
母親なら知らなくていいのかと言われたのですが。ハハハ』



……。


余計な知恵を、母親に植えつけてくれるな叔母よ。
姉の子供の心配をしている暇があるのなら
自分の子供の心配をしてくれよ。
というか、そういう干渉ばかりしているから(以下省略)。
[PR]
by aisasaki_dash | 2005-07-26 21:19 | life