インポートはできるけど、エクスポート機能のないエキブロ。うが。


by aisasaki_dash

可愛いの基準

会社帰りの京浜東北線でとんでもないものを目にした。
女子高生と思しき制服姿の女生徒のサブバッグに
大きなカブトムシ。

おそらくこれ↓
甲虫王者ムシキング ぬいぐるみ カブトムシ 1,050円

右耳についていたピアスについていたどくろも驚きではあったけれど
どこをどうやったら、そのカブトムシが可愛く見えるのか甚だ疑問。

こっそりカメラに収めようと思ったら
シャッターチャンスに限ってデジカメを家に忘れてきていた。
携帯のカメラじゃシャッター音が消せないし。


上京してきてはや8年。
かなり慣れ親しんできたとは思っていたが
それでもこうして理解の範疇を超える出来事に遭遇すると
都会の感覚って恐いと思う。

それは都会うんぬんとは違うだろう、とお思いの方。
自分の田舎に限った話でもないと思うが
売れないもの、限られたターゲットにしか売れないもの、は入荷されないかと。


ところで。
カブトムシの可愛さは理解できないが
ぴちょんくんの可愛さならば、幾らでも語りつくせるわけで。
昨日からこんな企画ページが出来ていた。か、かわいすぎ…

Yahoo! JAPAN PR企画 - ぴちょんくん遊園地

けれども今時、「工事中」の表示があるとはイケてなさすぎ。


ちなみに冒頭のリンク先を調べるまで
カブトムシとクワガタの区別がついていなかったことは
ここだけの内緒話である。
[PR]
by aisasaki_dash | 2005-06-07 07:09 | life