インポートはできるけど、エクスポート機能のないエキブロ。うが。


by aisasaki_dash

オペラ座の怪人 -The PHANTOM of the OPERA-

さっきSmaSTATION-4の月イチゴローで
ゴローちゃんが1月のベスト映画にあげてましたが、
(2位ネバーランド、3位北の零年、4位オーシャンズ12、5位カンフーハッスルだったかな)
「見る人が見れば、なんともおもわない映画」というのは
まさしくその通りかと。

自分は1/19よみうりホールでの試写会で既に観てますが
途中でちらほらと寝てる人が居たように
あの世界観に興味が無い人が2時間以上も観るってのは辛いかと。
あるブログでは「ファントムってストーカー」なんてバッサリ(^^;)書かれてたし。

eiga.comの新作映画評が非常にしっくりくるコメントだったかな。
http://www.eiga.com/review/opera.shtml
舞台版のファンは、きっと違和感や不満をあまり感じないですむだろう。音楽の力だけで、満腹感・陶酔感は約束されているのだから。一方で、映画としては演出に「ムーラン・ルージュ」や「シカゴ」のような斬新さ、新機軸がないのは残念な気もする。

そう、この満腹感・陶酔感だけでいいんですって。
だってそのために、またチケット買って観に行こうとしているし
初回生産限定盤のサウンドトラック探してるんだから。

このサントラが見つからない今は
家にある劇団四季のミュージカルCDで我慢しておきます…


余談ですが1/19の試写会には紀宮さまも居たようで。
[PR]
by aisasaki_dash | 2005-01-30 01:29 | life