インポートはできるけど、エクスポート機能のないエキブロ。うが。


by aisasaki_dash

世の中そんなに甘いものなのですか。

昨日のこと。

向かいの席の方が、最近近くに越してきたという従姉妹と
早めのランチを取りに行ってたのですが。
戻ってくるなり、なんだかぷりぷりしてまして。
いきなり「○○さんはいつ頃まで親の援助受けてました?」と切り出してくるものだから
何事かと思えば、どうやらその従姉妹さん、
30代後半にしてかなり甘い考えの持ち主だったらしく。それに憤慨していたようです。

『親の援助になりたくないとか言ってる割に、話聞いてたら援助うけまくりなのよ。
もう信じられなくってアッタマきて帰ってきちゃったわ』

その後、彼女は、おさまりきらずに複数の方にその話をされていました(苦笑)。

会話の切り出しの質問に対しては
地元の大学に通っていたので、22までは小遣いももらっていたし
(バイトで6~7万円ほど稼いでいたので今思えば要らないよね…汗)
上京の際には、家電製品を買うのに援助はしてもらったけれど
それ以降、援助を受けた覚えはない。

と答えました。
「…っていうか、それが普通なんじゃないですか? 私は普通だと思っていたんですけど」


前にも書きましたが、なんだかそういう人が多いのですね。
NEETという言葉が造られるのも、世の必然というか。
かじっていられる内は、何があっても親の脛にすがりつく生き方、
とても真似できません。
まぁ、かじる脛も無いのだけど。
[PR]
by aisasaki_dash | 2004-10-09 10:11 | work